はつ花皮ふ科

鎌倉市の皮膚科、はつ花皮ふ科クリニック。大船駅より徒歩6分。
MENU

コラムカテゴリー : 小児皮膚科

Column

●【小児皮膚科】赤ちゃんのおむつかぶれの原因は?かぶれたおしりの洗い方

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   赤ちゃんのお尻に発疹ができたり、ただれて真っ赤になったりすると心配になりますよね。 お尻を拭いたときに痛みがあるのか、赤ちゃんが泣いてしまうと、こちらも泣きたい気持ちになることもあるでしょう。   赤ちゃんの肌はとてもデリケートなので、いろいろ気を付けていても、… 続きを読む

●【小児皮膚科】これってアトピー?アトピー性皮膚炎で受診するときに確認したいこと

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   「子どもの肌がカサカサしている……」「子どもがいつも肌をかいている」などの症状があると、保護者の方も心配ですよね。 「アトピーかもしれない」と思ったら、お早めに皮膚科にご相談ください。   アトピー性皮膚炎は、お子さん自身もかゆみでつらく、炎症が長く続くと皮膚の… 続きを読む

【小児皮膚科】赤いブツブツは水疱瘡(みずぼうそう)かも?発疹は皮膚科を受診しましょう

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   水疱瘡(みずぼうそう)は、日本では2014年10月からワクチンの定期予防接種が始まったため、感染する子どもは減少しています。 乳児期の2回摂取で、軽症も含めてみずぼうそうを予防することができます。   (出典:厚生労働省 政策について「水痘」) >… 続きを読む

赤ちゃんのスキンケアで大切なこと~乾燥を防いでしっかり保湿~

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   「赤ちゃんのお肌は、何もしなくてもツルツル」と思われている方もいらっしゃいますが、赤ちゃんの肌は大人に比べて皮膚が薄く、とてもデリケートな状態です。 生後間もなくは皮脂の分泌が多くベタつきがちですが、3〜4ヶ月を過ぎると乾燥肌になるなど急激な変化が起こるため、赤ちゃんは肌… 続きを読む

●そのかゆみはストレスが原因かも……じんましんが起こる5つの理由とは?

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   じんましん(蕁麻疹)は、突然皮膚が赤く盛り上がり、数分から数時間で消えてしまう皮膚の病気です。 強いかゆみを伴うためつらい思いをするじんましんですが、原因がわかるじんましんよりも、何が理由なのかはっきりとはわからないじんましんの方が多い傾向にあります。 (出典:日本皮膚科… 続きを読む

●とびひは夏にうつりやすい?ひどくなる前に皮膚科を受診しましょう 

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   夏にかけて多くなるお子様の皮膚の症状として、「とびひ」があります。 「とびひ」とは、正式な名前を「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。 細菌が皮膚に感染して発症する、感染力の強い皮膚病です。 (出典:日本皮膚科学会「皮膚科Q&A とびひ」より)&… 続きを読む

●ステロイドとは、どんな薬?

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   「ステロイド」という薬に、どのようなイメージをお持ちですか? 「副作用があるのかな?」「使いだすとやめられないのでは?」と思われている方も、少なくないでしょう。 ですが、そのような印象は正しいとはいえないかもしれません。 ここでは、ステロイドについて詳しく解説します。ご一… 続きを読む

●過度な日焼けに要注意。紫外線とがんの関係

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。    太陽から地球上に届いている光のひとつである、紫外線。 近年では、環境の変化によりオゾン層が薄くなり、より多くの紫外線を浴びているともいわれています。 そんな紫外線を長く浴び続けていると、がんになる可能性も。 ここでは、なぜ紫外線でがんになるのか、また、どのようにすればが… 続きを読む

●お子さまに「水いぼ」が見られたら…

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分のはつ花皮ふ科クリニックです。   保護者の方のなかには子どもの頃「水いぼ」にかかったことがある、または今現在、お子さまの体に無数のいぼができていて心配……という方がいらっしゃるかと思います。 今回はその「水いぼ」とはどのようなものか、ご説明いたします。   「水いぼ」は主に子どもがかかる皮膚感染症で… 続きを読む

●寒暖差でかゆい!寒冷蕁麻疹(じんましん)の予防と対策

こんにちは。 鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分の「はつ花皮ふ科クリニック」です。   冷たいものを飲んだり寒い外気に触れたりしたときに、肌が急にかゆくなることはありませんか? もしかしたら、それは寒冷蕁麻疹かもしれません。 ここでは、多くの人が経験するといわれている寒冷蕁麻疹についてお話ししましょう。     寒冷蕁麻疹とは 寒冷蕁麻疹… 続きを読む
1 2