はつ花皮ふ科

鎌倉市の皮膚科、はつ花皮ふ科クリニック。大船駅より徒歩6分。
MENU

小児皮膚科

Pediatric dermatology

主な疾患と症状

  • アトピー性皮膚炎
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • いぼ
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • おむつかぶれ
  • やけど
  • みずぼうそう(水痘)

小児皮膚科

お子様の肌は、まだ発達途中にあるため、大人に比べてとてもデリケートです。それに免疫機能も不完全なので、治療にあたっては特別な配慮を要します。また、お子様に特有の皮膚症状が少なくありませんし、個人差も大きいので、しっかりと診察した上で、お一人お一人に合った適切な診療を行います。

主な疾患と症状

アトピー性皮膚炎

顔、主に口の周りや目のまわり、首 肘、膝などに、ときにじくじくした赤い発疹がみられます。乳児期に顔に湿疹があると、食物アレルギーを起こしやすいといわれていますので、皮膚のケアをしっかりおこない、できる限りきれいな状態の皮膚に保つことが重要です。また、皮膚がデリケートなため、汗や乾燥で湿疹が容易に悪化しやすいですので、皮膚科への定期的な通院をおすすめします。

とびひ(伝染せ膿痂疹)

とびひは、あせもや虫刺されを掻きこわした傷、すり傷、ジクジクした湿疹などに細菌が感染して起きます。とびひの治療は、抗生物質の飲み薬と塗り薬を服用します。大人にはうつりにくいですが、お子様にはうつりやすいため、とびひが治るまで、プールは避けてください。

いぼ(尋常性疣贅)

イボは、医学的にはウイルス性疣贅(ゆうぜい)と言い、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV…ヒトパピローマウィルス)の感染によって生じます。HPVは、小さい傷などを介して感染し疣贅を形成するため、外傷を受ける機会の多い手のひらや足の裏、指先などに好発します。イボの治療は、液体窒素による凍結療法が基本です。通常1回で治ることはなく、1-2週間毎に根気強く繰り返し治療する必要があります。

水いぼ(伝染性軟属腫)

水イボは、ヒト乳頭腫ウイルス(HPV…ヒトパピローマウィルス)とはまた異なるポックスウイルスの感染によって発症します。水イボに罹患したお子様との直接的な接触だけでなく、バスタオルやスポンジ、ビート板などを介して感染します。症状は、直径数mmまでの表面がツルツルした光沢のある盛り上がりとなって皮膚に現れます。自然に治癒しますが、それには数ヶ月から多くは1年以上を要する場合も多く、その間に掻き壊して周りに拡大していくケースも少なくありません。伝染力が強く、増えていくスピードが速いので、数が少ないうちに見つけて積極的に取っていくことをお勧めします。
近年、ペンレスという麻酔のテープが保険適応になりました。処置時に用いることで、痛みをかなり和らげることが可能です。当院でも取り扱っておりますので、お気軽にご相談ください。

おむつかぶれ

尿や便に含まれるアンモニアや酵素などが刺激となり、おむつの当たるところに赤いブツブツやただれが出来ます。おむつをこまめに替えて、お尻の清潔と乾燥を保つことが予防にもケアにもなります。症状がひどいような場合には弱いステロイド軟膏を使用します。数日ケアをしてもよくならない時は、カンジダ皮膚炎の可能性もありますのでその場合は受診してください。

やけど(熱傷)

やけどをしてしまったときはあわてず、まずは水道水で20分程度冷やしてください。そのあとに受診をお願いします。やけどをしたところにみずぶくれができた場合はつぶさず、そのままガーゼでやさしく保護をして受診してください。