はつ花皮ふ科

鎌倉市の皮膚科、はつ花皮ふ科クリニック。大船駅より徒歩6分。
MENU

皮膚科

Dermatology

主な症状と疾患

  • かぶれ(接触皮膚炎)
  • 脂漏性皮膚炎
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎
  • ニキビ(尋常性ざ瘡)
  • たこ・魚の目
  • いぼ
  • 水虫
  • ヘルペス
  • 乾癬
  • 円形脱毛症
  • 帯状疱疹
  • 皮膚腫瘍
  • 熱傷
  • 男性型脱毛(AGA)自費診療(標準価格6300円~9800円)
  • しみ(老人性色素斑) 自費診療(標準価格2200円)

皮膚科

皮膚病は、実にたくさんの種類があります。原因もさまざまで、外的因子によるもの、内的因子によるもの、加齢によるものなど、極めて多様です。なかにはまだ原因がよくわかっていない疾患もあります。そのため、決定的な治療法が無く、根気よくつき合っていく必要のある慢性疾患も少なくありません。しかし、適切なスキンケアと軟膏などによる外用療法、内服療法、生活習慣の見直し等を行うことによって、より良い状態を保つことができます。

主な疾患と症状

かぶれ(接触皮膚炎)

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。原因は湿布、化粧品、医薬品、植物など様々です。原因が明確にならない場合は、「パッチテスト」を行います。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

脂漏性皮膚炎

脂腺の多いところに生じる湿疹で、頭部や顔、胸背部などにできやすいのが特徴です。新生児や乳児に多く見られますが、成人にも起こります。原因としては皮脂の成分の刺激や、でんぷう菌(マラセチア)の感染などです。脂漏性皮膚炎の治療としては、強過ぎないように気をつけながらもしっかり洗うのが基本で、そうした後にステロイド軟膏とでんぷう菌に効く抗菌剤を塗ります。

じんましん

痒みの強い、わずかに盛り上がったみみず腫れができ、それが数分~24時間以内に消えていくのがこの病気の特徴です。4週間以内に治るものを急性じんましん、それ以上続くものを慢性じんましんと呼びます。原因がはっきりわかるもの(アレルギー性)と原因が特定できないもの(非アレルギー性)があります。慢性じんましんは治りにくいことがあり、その場合は内服治療などで症状のコントロールをめざしていきます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。喘息、アレルギー性鼻炎やじんましんを合併することもあります。アトピー性皮膚炎の治療は、ステロイド剤や免疫抑制剤、保湿剤などを組み合わせて治療をおこなっていきます。体調不良などちょっとしたことで悪化することもあり、根気よくつきあっていくことが重要になってきます。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

ニキビの直接的な原因は、皮脂の過剰な分泌と毛穴の詰まりです。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、ニキビの元となるニキビ菌は増殖していき、症状を悪化させます。症状が軽度の状態から積極的に治療を行ったほうが瘢痕が残りにくいですのでどんな症状でもお気軽にご相談ください。

たこ・魚の目

たこや魚の目は、足の特定の場所に継続的に圧力がかかって発症します。たこは皮膚の表面の角質が部分的に肥厚したもので、痛みはありません。魚の目は肥厚した部分にさらに圧がかかって硬くなり、芯をもっているため、歩く度に刺激されて痛みが走ります。当院では硬い部分を削る処置を行います。

いぼ(ウイルス性疣贅)

いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染によって発症する腫瘤で、いじるとどんどん増える傾向があります。人から人にも、移ります。いぼができたからと言って、自分で引っ掻いて治そうとすると、かえってウイルスを撒き散らしてしまう可能性がありますので、いぼを見つけた際には、数が少ないうちにご相談ください。当院では液体窒素療法を中心に内服療法、外用療法などを組み合わせて治療をおこないます。

水虫(白癬)

水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビの一種が足の皮膚に入り込んで発症する疾患です。足白癬は趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。指の間がふやけてかゆくなったり 足の裏に小さい水ぶくれができたり、がさがさした場合は足白癬の可能性がありますのでご相談ください。また白癬菌は爪にも入り込むことがあります。その場合は爪が白く濁ったり厚くなったりします。こういった爪の変化がみられた場合もお気軽にご相談ください。

ヘルペス(単純ヘルペス)

単純ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型の2種類のウイルスがあり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は高熱と激痛が伴います。ヘルペスの治療としては、抗ウイルス剤の内服または外用を行います。発疹の出る前にチクチクするなどの予兆が出ることが多く、その時点で内服を始めると、治りが早まります。

乾癬

頭部(主に髪の生え際) 臀部、肘 膝などに白く厚いがさがさした赤い斑点がでてくると乾癬の可能性があります。これは皮膚のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が短縮して起こるものです。時に手指やアキレス腱部の関節痛を伴うこともあります。治療は症状によって外用治療や内服治療などを行っていきます。

帯状疱疹

水痘・帯状疱疹ウイルスの再活性によって発症するため、水痘を経験した人にのみ起こります。頭部から下肢までの間の片側に神経痛のような痛みを伴った小さい水疱が帯状に生じます。顔にできると、発疹の部位によって眼や耳の合併症があとになって出てくることがあります。痛みに悩まされることが多く、帯状疱疹後疼痛として長い間痛みが残ってしまうことがあります。早期から治療を開始したほうが痛みが残りにくい傾向にありますので、帯状疱疹かな、と思われましたら、早めの受診をおすすめします。