鎌倉市の皮膚科、はつ花皮ふ科クリニック。大船駅より徒歩6分。
MENU

コラム

Column

皮膚科と美容皮膚科のちがいとは?

こんにちは。
鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分のはつ花皮ふ科クリニックです。

皆さんのなかには、「皮膚科と美容皮膚科、どちらに行ったらいいの?」と迷った経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今日は、皮膚科と美容皮膚科のちがいについてお話しします。

 

目的のちがい

 

皮膚科と美容皮膚科の大きなちがいは、その目的です。

皮膚科は「病気の治癒」を目的としており、美容皮膚科は「さらなる美しさ」を目的としています。

 

たとえば、ニキビ治療の場合。
ニキビは「尋常性ざ瘡」という皮膚疾患のひとつなので、皮膚科でしっかり治療が受けられ、保険も適用されます。
ただし、ニキビが治ったあとの皮膚の赤み、凸凹などは疾患には当たらないため、皮膚科ではなく美容皮膚科の分野になります。

美容皮膚科では悩みに寄り添った細やかな治療を受けられる分、多くが自費診療になります。

 

診療内容のちがい

 

皮膚科と美容皮膚科、それぞれの診療内容を見ると、より違いがはっきりとわかります。

 

<皮膚科の診療内容>

  • かぶれ
  • じんましん
  • アトピー性皮膚炎
  • ニキビ(尋常性ざ瘡)
  • 水虫
  • ヘルペス
  • 乾癬
  • 帯状疱疹
  • 皮膚腫瘍
  • やけど   など

 

<美容皮膚科の診療内容>

  • しみ・そばかす・肝斑
  • ニキビ・ニキビ跡
  • しわ・ほうれい線
  • 赤ら顔
  • ほくろ
  • あざ
  • 毛穴の開き・黒ずみ
  • 妊娠線  など
上手に使い分ける

 

「皮膚病を治したい」または「皮膚病かもしれないので、診て欲しい」という時には、迷わず皮膚科を受診しましょう。

病気ではないけれど、「もっとキレイになりたい」「美容の悩みを解消したい」という時には、美容皮膚科という選択肢もあります。ただし、美容皮膚科はほとんどの治療が全額自己負担になりますので、あらかじめ治療費を確認しておくことをおすすめします。

 

はつ花皮膚科クリニックは、皮膚科・小児皮膚科として地域の皆さまのお肌の健康に貢献いたします。また保険適用の治療のほか、自費診療による「しみ」や「男性型脱毛」の治療も行っています。お気軽にご相談ください。