鎌倉市の皮膚科、はつ花皮ふ科クリニック。大船駅より徒歩6分。
MENU

コラム

Column

肌荒れの原因とは?皮膚科での治療法と自分でできる予防法

こんにちは。
鎌倉市、東海道本線「大船駅」東口より徒歩6分のはつ花皮ふ科クリニックです。

なかなか治らない肌荒れにお悩みの方も多いと思います。一言に「肌荒れ」と言っても、患者さんによって症状や原因もさまざま。

そこで今日は、肌荒れの原因や治療法・予防法についてお話しします。

 

肌荒れの症状

 

「肌荒れ」にはカサつき・かゆみ・赤み・粉ふき・ニキビ・毛穴の開きなど、人によってさまざまな症状があります。

「たかが肌荒れ」と軽く考えがちですが、放置すれば跡がのこることもありますので、早めに治療することが大切です。

 

肌荒れの原因

皮膚の表面には「バリア機能」が備わっており、外部からの刺激や細菌などから肌を守り、肌内部のうるおいを保っています。
次のような原因でこの「バリア機能」が損なわれると、肌荒れを起こしやすくなります。そうなると「バリア機能」がさらにダメージを受け、肌荒れが悪化する悪循環になってしまうのです。

 

  • 乾燥
  • 紫外線
  • マスクなどによる摩擦
  • ウイルス・細菌・花粉などのアレルゲン

 

また、肌荒れは次のような身体の内部の不調が皮膚に現れた可能性もあります。

 

  • ホルモンバランスの乱れ
  • ターンオーバー(新陳代謝)の乱れ
  • 内臓の不調

 

肌荒れも皮膚科へ受診を

 

まずは自分でなんとかしようとされる方も多いと思いますが、「なかなか治らない」「繰り返す」「つらい」と感じたら、すみやかに皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科では原因を突きとめるため、根本的な治療ができます。
ただの「肌荒れ」と思っていたものが、専門的な治療が必要な「皮膚病」だったり、内臓疾患によるものだったというケースも少なくありません。

また、医師から症状に合った治療薬の処方と、皮膚を健やかに保つためのアドバイスを受けることができます。
 

正しいスキンケアで肌荒れ予防

 

肌荒れを防ぐためには、まずスキンケアを見直してみましょう。

肌を清潔に保つことは基本ですが、ゴシゴシは厳禁。身体も手のひらを使って泡で包み込むようにやさしく洗ってください。洗ったあとは肌触りの良いタオルで擦らないように水分を吸い取り、すみやかに保湿します。

 

あとは、バランスの良い食事・適度な運動・十分な睡眠を心がけ、身体を健康に保つことでうるおいのある美しい肌が保たれます。

 

肌荒れでお悩みの方は、はつ花皮膚科クリニックにお気軽にご相談ください。